HOME>超音波による腐食診断システム

超音波による腐食診断システム

超音波による腐食診断システムについて

超音波による腐食診断システム

本検査システムは、市販のデジタル超音波探傷器に弊社開発のシステムを搭載し、腐食の状況を簡易的に調べることを目的に開発しました。
コンクリート貫通配管及びコンクリート埋設部の腐食調査等、従来では非破壊検査が困難とされてきた部位への適用が可能となりました。
その他、配管サポート部及び配管本体、圧力容器の腐食診断にも適用できます。
腐食評価は、画像化による評価であるため、腐食分布や腐食の深度が第三者的に判り易くなっています。

 

超音波による腐食診断システム

 

適用例

超音波による腐食診断システム
本検査システムの特徴
  1. 解析システムを用いた腐食の画像化
  2. 腐食深さの測定表示が可能
  3. 腐食の位置や長さの測定表示が可能
  4. データの重ね合わせで経年による腐食の変化が確認可能
  5. 画像の拡大、色合い調整により視覚的な確認が容易
  6. 市販の探傷器を使用するため、装置ユニットがコンパクトで現場向き

 

超音波による腐食診断システム
適用例

橋脚基部の腐食調査

道路標識、信号柱基部の腐食調査

配管コンクリート貫通部の腐食調査

配管サポート部の腐食調査

圧力容器本体内面腐食調査

ガス配管本体内面腐食調査

 

超音波による腐食診断システム