HOME>TOFD法による超音波探傷検査

TOFD法による超音波探傷検査

TOFDとは

TOFDとは

TOFDとは、『Time Of Flight Diffraction』の略であり、直訳すると『回折波の飛行時間』となり『きず端部からの回折波の伝搬時間を利用した測定法』の総称として呼ばれています。
きずの高さ測定に対する精度が高く、探傷時間についても短時間処理を可能とした超音波探傷技術です。

 

TOFD法は、

1970年代にイギリスで開発されてヨーロッパを中心に基準(BS7706:1993)が整備され、実用化。
1990年頃より日本でも圧力容器等の極厚部材に社内検査用として採用。
1998年頃からいろいろな分野・領域で注目され実用化に向け検討。
2001年日本非破壊検査協会が『TOFD法によるきず高さ測定方法』を制定(NDIS2423 : 2001)
2003年日本ガス協会が球形ガスホルダー指針(JGA指−104−03)を改定。
2005年日本エルピーガスプラント協会が検査基準として付属書1に供用中内表面探傷試験実施方法の例を追加(JLPA501:2005 )

 

TOFD法の原理

TOFDとは

原理としては、左図のように送信子用と受信子用の各探触子を用いて、送信子から超音波パルスを発生させ、きずの端部(上端、下端)に衝突した際に360°方向に発生する回折波を受信子で受けて記録するものであり、この上端部、下端部から発生した回折波の飛行時間(到達時間)の差によって、きずの高さを測定(数値化)するものです。
また、送信子からの超音波パルスが最初に受信子に到達するのは、表面直下を伝播したラテラル波であり、きずがなければ、次に到達するのは底面反射波ということになります。

TOFDの適用実績

TOFDとは

適用実績については大きく分類すると、

  1. ガスホルダー等、貯槽の供用中検査
  2. 高炉関連の熱風炉の溶接部検査
  3. 火力発電所の高圧蒸気配管の検査
  4. 高圧ガスの圧力容器の検査
  5. 橋梁、橋脚の隅角部、鋼製ジョイントの調査
  6. オートクレーブやベッセル等の溶接部検査
  7. クレーンガーターの割れ確認調査
  8. 鋼構造物の劣化調査

 

TOFDとは
TOFD法採用における利点
  • 非開放による供用中検査が可能となります。
  • 工期及び実施期間の調整が容易となります。
  • 画像データの記録により履歴追跡調査が容易になります。
  • 塗装上からの検査が可能です。
  • 緊急時においても迅速な対応が可能となります。
  • 通常の開放検査に比べ総合的(付帯工事等)にコストの軽減が図れます。

 

探傷データサンプル

TOFDとは