HOME>配管溶接部の放射線検査

配管溶接部の放射線検査

放射線検査について

配管溶接部の放射線検査

放射線には、X線のほかにα線・β線・γ線・中性子線など多くの種類がある。
放射線透過試験に利用されている放射線はX線・γ線・中性子線であるが使用頻度の点からX線・γ線等の電磁波に属する放射線が広く用いられている。
医療診断の分野においては、古くからX線が用いられており、被写体の違いはあるが原理的には工業用も同一である。

 

配管溶接部の放射線検査

600mmφ以上の配管溶接部に対して、自走式の全角装置で検査を行うシステムを製作。
自走距離については、現状で50mとなっています。
エルボについては、3DRであれば問題なく駆動します。
垂直溶接部についても垂直部で停止させて撮影可能です。

400mmφ以上であれば要求に応じて対応可能です。
また、自走距離についても100mまで延長可能です。

 

配管溶接部の放射線検査

これまで工業分野では幅広く利用されて来た検査方法の一つであり、X線を用いて被写体の後ろにあるフイルムに直接感光させて評価する検査手法です。

 

撮影方法の分類

配管溶接部の放射線検査

直接撮影・間接撮影・透視法

配管溶接部の放射線検査

配管溶接部の放射線検査